「張りどめ」のお薬について 5

副作用を乗り切るには

私が切迫流産・切迫早産を止めるためにウテメリンを服用していて、一番辛かったのは、薬が効いてくる服用後1時間位からがピークでしたが、点滴の場合は、夜、気を付けないと、寝ている時に看護師さんが、速度の調節をした時などです。点滴の速度が遅くなる時はいいのですが、無意識のうちにうっかり腕を動かして、点滴の速度が上がろうものなら心臓ばくばく、次の日はクタクタで起きれない日もありました。

病院によるのか、それとも医学が進歩したからなのか、今は副作用を軽くするために漢方薬を処方してくれるところもあるそうです。味は美味しくなくて飲みにくいそうですが、副作用の苦しみよりはずっと楽になるそうですので、あまり、辛いようなら医師に相談してみてはいかがでしょうか?

ある意味副作用があるから、薬が効いている訳ですので、副作用が全くなるなることはなさそうです。そんな時は開き直って、ゆっくり横になってその時間をやり過ごすのが一番だと思います。
自宅で薬を飲んでいるのなら、横になれる時間に合わせて薬を摂取するのも一つの方法だと思います。

可愛い自分の子供の誕生を楽しみに上手く付き合う方法を自分で工夫してみてはいかがでしょうか。

 

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31