切迫流産・切迫早産の原因 3

母体側の原因である絨毛膜羊膜炎とは 1


卵膜というのは子宮の中で赤ちゃんが入っている袋のことですが、一見すると1枚の膜のように見えますが、実は外側(子宮壁側)から脱落膜、絨毛膜、羊膜と呼ばれる3枚の膜でできています。

絨毛膜羊膜炎というのは、微生物(主に細菌)に絨毛膜と羊膜が感染してしまい、炎症を起こしている状態です。

今現在でも早産につながる原因としては解明されていない部分が多く存在しています。
しかし、最近になって、かなりの頻度で、早産に至った人の胎盤を調べると、この絨毛膜羊膜炎になっている、ということが、解明されてきています。
この事実から、早産の原因として絨毛膜羊膜炎が注目されるようになってきています。


絨毛膜羊膜炎の原因

絨毛膜羊膜炎になるケースの多くは、微生物が感染して、まず子宮頸管炎や膣炎になり、それが拡大して絨毛膜羊膜への感染につながるということです。

細菌性膣炎のある女性は24週から37週に早産になる率が2.8倍。妊娠16週以内に細菌性膣炎があるとなんと早産する率が5.5倍にものぼるという報告もあるそうです。
ですので、膣炎・頸管炎と切迫早産の関係も深いと考えられているようです。

しかしながら、本来微生物が膣のなかにいるというのはごく自然なことです。細菌感染に対する防御機能が膣内・子宮頸管には存在して、子宮を守る働きをしてくれています。
ただ、これらの有効な機能がなんらかの理由で働かなくなってしまうことにより、子宮頸管炎・膣炎から絨毛膜羊膜炎へと拡大してしまうということになってしまうそうです。

妊娠中の夫婦の行為は子宮頸管炎・膣炎、そして絨毛膜羊膜炎を助長することになる可能性を指摘されていますので、避けた方が無難だと言われています
また、診察の際の内診で感染する可能性も指摘されていますので、内診は、最小限にとどめておくとの意見も強いようでした。
実際、私が受診していた病院は内診の数がとても少なく、しっかりと症状を伝えないと、切迫早産で即刻入院となった時も自己申告でお腹が痛くて夜眠れない事を伝えてやっと、内診をしてもらいました。その内診をすることで、切迫早産を発見してもらったのですが・・・。いろいろと問題はありますね。

 

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31